村田諒太、沖縄合宿に出発「一日、一日、一戦、一戦を大事に」

2018年1月10日9時7分  スポーツ報知
  • 沖縄合宿に出発した村田諒太(中)、粟生隆寛(左)、尾川堅一(右)

 プロボクシングWBA世界ミドル級王者・村田諒太(31)=帝拳=が10日、同門のIBF世界スーパーフェザー級王者・尾川堅一(29)、元世界2階級制覇王者・粟生隆寛(33)とともに約1週間の沖縄合宿に出発した。昨年10月に新王者となった村田は、初防衛戦に向けて「4月に試合と言われている。それに向けてのベース作り」と気合。合宿期間中の12日に32歳の誕生日を迎えることもあり「現役でいられる時間も長くはない。一日、一日、一戦、一戦を大事にしていきたい」と抱負を語った。

 昨年12月に米ネバダ州ラスベガスで新王者となった尾川は、始動した1月2日まで完全休養。「ずっとあいさつ回りとかで家でご飯を食べたのは1日もなかった。しっかり走って1年間、戦える体を作りたい」と意気込んだ。粟生は「けがをしたら意味がないので、マイペースでいきたい」と話した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ