亀有のジム所属の長嶺、日本王座に挑戦 両さんに捧ぐ

2018年1月13日7時0分  スポーツ報知
  • 対戦が決まりポーズをとる長嶺(左)と黒田

 日本プロボクシング協会は12日、13階級の日本王者と指名挑戦者が戦う「第39回チャンピオンカーニバル」の対戦カードを発表し、都内で会見を行った。日本フライ級1位・長嶺克則(26)=マナベ=は、3月3日に王者・黒田雅之(31)=川崎新田=と対戦。東京・葛飾区亀有にある所属ジム初の王者となり、“同郷”の人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の主人公・両津勘吉にベルトをささげる。

 フィットネスジムのインストラクターで生計を立てる挑戦者は、2013年に網膜剥離で選手生命の危機に立たされたが、初の日本王者が手の届くところまで復活した。偶然にも試合当日の3月3日は、両津の誕生日。「昼に試合が終わるので、(両津の銅像に)そのままベルトをかけにいく」。両さんばりの豪快なファイトで王座奪取に挑む。(浜田 洋平)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)