山中慎介、無念の2回TKO負け 

2018年3月1日20時14分  スポーツ報知
  • 1回、ネリにダウンを喫した山中

 ◆報知新聞社後援プロボクシング・ダブル世界戦(1日、東京・両国国技館) ▽WBC世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 ○前王者ルイス・ネリ(メキシコ)(2回TKO元王者山中慎介(帝拳)●

 王座奪回に挑んだ山中慎介(帝拳)が、因縁の前王者ルイス・ネリ(メキシコ)に2回TKO負けを喫した。

 1回残り30秒にダウンを奪われ、2回にネリの左のカウンター、右フックに沈み、レフェリーに試合を止められた。ネリが体重超過で王座を剥奪されたため、山中が勝てば王座だったが、ネリが勝ったためタイトルは空位のまま。ネリは入場時に観客から大ブーイングを受け入場した。

ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ