ネリ、無期限資格停止処分 体重超過を意図的と判断しWBCが発表、近く本人に聴取も

2018年3月4日6時0分  スポーツ報知
  • 無期限資格停止処分を受けたルイス・ネリ

 世界ボクシング評議会(WBC)は2日、世界バンタム級タイトルマッチ(1日)の前日計量で体重超過し、元同級王者・山中慎介(35)=帝拳=に勝利したルイス・ネリ(23)=メキシコ=を無期限資格停止にすると発表した。ネリは近くWBCの聴取も受ける。

 ネリは前日計量1回目で2・3キロ超過、再計量も1・3キロ超過で王座剥奪されながら、試合は勝った。WBCは意図的とも取られかねない大幅超過を「受け入れがたい」と無期限資格停止にし、ネリに聴取を受けるよう義務づけた。3日に日本を離れたネリは都内で取材に応じ「(処分を)受け入れるが、またベルトのために戦いたい」と話した。

 WBC以外の試合には出場でき、ボクシング活動が禁じられたわけではないが、今後のWBCの裁定次第では、他の団体も悪質行為を繰り返すネリへの資格停止で“締め出す”可能性もある。日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内剛事務局長は「非常に迅速で重大な処分。少なからず他の主要3団体に影響を与えることになると思う」と見通しを示した。

 ボクシングでは、過去にドーピングや傷害事件での期限付き資格停止処分の例は多いが、体重超過で無期限停止は異例。聴取後に停止期間が変わる可能性はあるものの、現段階でWBCが下せる処分では最も重いといえる。帝拳ジムの浜田剛史代表(57)は「処分は妥当でしょう。それだけのことをした」と話した。

 WBCはネリへのファイトマネーについて、未払い分の7割の支払いを凍結するよう、興行主の帝拳ジムに指示。今後支払われる可能性もあるが、実質的には未払い分は“罰金”となる。試合はネリが2回TKO勝ちして王座は空位となり、王座返り咲きならなかった山中は引退を表明した。

ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ