山中竜也、小西伶弥が共に練習公開 18日神戸でダブル世界戦

2018年3月12日19時0分  スポーツ報知
  • ミット打ちをする世界ミニマム級王者・山中竜也
  • ファイティングポーズで闘志を表す世界ミニマム級王者・山中竜也(左)と世界ライトフライ級2位・小西伶弥

 ダブル世界戦(18日・神戸ポートピアホテル)に出場するWBO世界ミニマム級王者・山中竜也(22)=真正=とWBA世界ライトフライ級2位・小西伶弥(24)=同=が12日、神戸市内の同ジムで公開練習を行った。両者とも既に約100ラウンドのスパーリングを打ち上げており、この日はミット打ちやロープで約2時間、調整した。

 メインイベンターを務める山中は、同級4位のモイセス・カジェロス(28)=メキシコ=との初防衛戦へ向け「(前試合よりパンチの)コンビネーションも増やした。誰が見ても明確に自分が勝つ」ときっぱり。無敗対決となる同級1位のカルロス・カニサレス(25)=ベネズエラ=との王座決定戦に臨む小西も「今までで最高の練習ができた。勝って、支えて下さる方々に恩返しする」と誓った。

 ダブル世界戦はCS放送のフジテレビNEXTで午後6時より生放送、ボクシングモバイルで生配信される(いずれも有料)。地上波は関西テレビで19日深夜0時25分より録画放送(関西地区のみ)。

ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ