王者マクドネルが“計量拒否”体重超過の懸念 井上尚は3階級制覇に挑戦

2018年5月22日13時57分  スポーツ報知
  • 予備検診をクリアしたWBA世界バンタム級王者のジェイミー・マクドネル(右)と井上尚弥

 ◆プロボクシング ダブル世界戦▽WBA世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 ジェイミー・マクドネル―井上尚弥(25日、東京・大田区総合体育館)

 WBA世界バンタム2位・井上尚弥(25)=大橋=の挑戦を受ける同級王者ジェイミー・マクドネル(32)=英国=が22日、都内で予備検診を行ったが、勧められた計量を断った。

 通常は予備検診で計量を行うことはないが、王者の計量失敗を危惧した井上陣営は、出場選手に予備検診場で計りに乗ることを勧めた。セミファイナルの拳四朗とガニガン・ロペスは快く計量。しかし、マクドネル陣営は断固拒否したため、井上も乗らなかった。日本ボクシングコミッション(JBC)関係者は「セコンドもみんな、『嫌だ』とかたくなに拒否していた。強制ではない」と話した。

 1階級上げて3階級制覇に挑む井上は身長165・2センチ、リーチ170・6センチ、首回り35・0センチ、胸囲90・0センチ。マクドネルは身長175・5センチ、リーチ182・0センチ、首回り37・0センチ、胸囲96・0センチだった。

 バンタム級としては長身の王者。これまでの試合で減量に苦しんでおり、今回から「ボクシング・サイエンス」という会社のトレーナーを帯同させ、科学的なサポートを受けている。21日の公開練習では、1リットル半の水を飲み干し、汗をかく量よりも多い水分を補給。現在の体重について、マクドネルは「減量は順調だけど、今の体重は教えない。もうアンダーだよ」と笑ってけむに巻いていた。

 この日の会見で井上と初対面。「映像で見たことがある。会ってみて雰囲気を感じられてよかった。身長、リーチを生かして戦いたい」。コンディションについての質問が飛ぶと、チーフトレーナーが「同じ質問を違う言い方で何度もしている。それはやめてほしい。試合に向けて準備している」と制した。23日に調印式、24日の前日計量が行われる。

ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ