【柔道】少年女子、山梨が準々決勝敗退…岩手国体

2016年10月8日12時36分  スポーツ報知
  • 中堅で出場し、2勝をあげチームに貢献した舟久保遥香

 ◆岩手国体柔道▽少年女子準々決勝 埼玉2―1山梨(8日・久慈市民体育館)

 柔道少年女子(団体3人制)が行われ、全国高校総体57キロ級女王の舟久保遥香(富士学苑3年)を擁する山梨は埼玉に1―2で敗れ、準々決勝で敗退した。

 舟久保は初戦の大阪戦、準々決勝の埼玉戦ともに中堅で登場し2戦ともに一本勝ちで勝利したが、チームは目標の4強に届かなかった。矢崎雄大監督(35)は「舟久保は大内刈りも取れて手応えを感じているはず。チームとしては少しの踏ん張りが足りなかった」と話した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ