【出雲駅伝】青学大・田村が2区でトップ奪取!東海大、山学大が続く

2016年10月10日14時0分  スポーツ報知

 ◆第28回出雲全日本大学選抜駅伝(10日、出雲大社正面鳥居前―出雲ドーム前、6区間=45・1キロ)

 最短の2区(5・8キロ)は、5位でたすきを受けた青学大の3年・田村和希がトップに立った。9年ぶりの優勝を狙う東海大のルーキー・館沢亨次がその後にピタリとつく展開。残り500メートルをきったところで青学大がスパート。箱根駅伝で2年連続区間賞を獲得した田村が先頭で3区・下田裕太(3年)にたすきを渡した。

 2位は3秒差で東海大。3位に山梨学院大、1区トップの日体大が4位で続いた。

 優勝候補の一角、駒沢大は2つ順位を上げて7位、東洋大は3つ下げて10位。1区で13位と出遅れた早大は12位で3区に入った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ