【出雲駅伝】東海大、新人で4区まで首位 

2016年10月11日6時0分  スポーツ報知
  • 3区の区間賞に輝いた東海大の1年生・関颯人

 ◆第28回出雲全日本大学選抜駅伝(10日、出雲大社正面鳥居前―出雲ドーム前、6区間=45・1キロ)

 大学駅伝の開幕戦は青学大が2時間10分9秒で制し、2年連続3度目の優勝を飾った。新人トリオが快走した東海大に4区まで先行されたが、後半3区間で4年生が粘って大逆転。原晋監督(49)は「青春ドラマ大作戦」と命名し、最上級生を中心に史上4校目の3冠を目指す。2位は2年連続で山梨学院大、3位は東海大。早大は8位、東洋大は9位と苦戦した。(天候晴れ、気温20・5度、湿度68%、北東の風2・8メートル=スタート時)

 東海大、期待のルーキー3人が鮮烈な学生3大駅伝デビューを飾った。両角速(はやし)監督(50)が「3区が終わった時点で、トップにいないと許さない」と指示した通り、3区で首位に立つ快走で期待に応えた。

 首位浮上の立役者は、各校のエースがそろう3区で区間賞を獲得した関颯人だ。2位でタスキを受けると、3キロ過ぎで首位の青学大・下田裕太(3年)をかわして一気に先頭に立った。下田を23秒も突き放す圧倒的な走り。「いい選手が集まる3区で区間賞は自信になった。でも、記録が出せなかったので90点」と笑った。

 1区・鬼塚翔太、2区・館沢亨次も首位との差を3秒のまま、2位をキープする力走。指揮官は「スピードのある1年生が入ってきて、いい結果が出た。最終的に3位は合格点」と手応え。出雲で自信をつけた3人が全日本、箱根で進化をみせる。(小林 玲花)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ