【全日本大学女子駅伝】松山大が初優勝!6連覇狙った立命大は2位

2016年10月30日14時30分  スポーツ報知
  • スタートの号砲とともに一斉に駆け出した選手たち
  • 初優勝した松山大のアンカー・高見沢安珠が人差し指を天に突き上げながらゴール

 ◆第34回全日本大学女子駅伝対校選手権(30日、仙台市陸上競技場~仙台市役所前市民広場=6区間38・0キロ)

 26チームが参加した第34回全日本大学女子駅伝が30日、宮城・仙台市陸上競技場スタート、仙台市役所前市民広場ゴールの6区間38・0キロで行われ、9年連続9回目出場の松山大が2時間3分56秒で中四国勢として初優勝を飾った。史上初の6連覇を狙った立命大は1分11秒差の2位に終わった。

 松山大は1区の上原明悠美(4年)がトップと40秒差の14位と出遅れたが、2区の緒方美咲(2年)が区間賞の快走で11人を抜き、3位に浮上。3区で2位に上がると、4区の高見沢里歩(1年)は区間新記録をマークした。

 5区の中原海鈴(4年)がトップの名城大を抜いて首位に立つと、リオ五輪女子3000メートル障害代表で6区の高見沢安珠(3年)が区間新の走りで歓喜のゴールテープを切った。

 五輪を経験した選手の大会出場は初めてとなったアンカーの高見沢安珠。リオ五輪では9分58秒59の予選敗退に終わったが、「日本代表の選手を見て、貪欲な練習姿勢や準備の大切さを学んだ」と結果以上の糧を得た。リオでは、アテネ五輪女子マラソン金メダルの野口みずきさん(38)から「努力は裏切らないよ。4年後もあるから頑張って」と声をかけられたことを糧にした快走だった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ