【全日本大学駅伝】山梨学院大、ニャイロ猛追で3位 上田監督「収穫と課題持ち帰る」

2016年11月6日15時45分  スポーツ報知
  • 3位でゴールした山梨学院大のニャイロは上田監督に抱えられ引き上げる

 ◆第48回全日本大学駅伝対校選手権(6日、名古屋市熱田神宮西門前―三重・伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前=8区間106・8キロ)

 学生3大駅伝の第2戦、全日本大学駅伝が行われ青学大が初優勝した。

 初優勝を目指した山梨学院大は5時間16分50秒の3位に終わった。上田誠仁監督(57)は後半追い上げを見せた6区の永戸聖(2年)、7区の河村知樹(3年)について「勝負する気持ちがあった」と評価した。箱根駅伝に向けては「収穫と課題を持ち帰り、もう一度立て直してチャレンジしていきたい」と話した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ