【全日本大学駅伝】「エビフライ大作戦」の青学大、祝勝会のメニューは、もちろん…

2016年11月7日6時0分  スポーツ報知
  • 祝勝会でエビフライを頬張る青学大の選手たち(右から原監督、小野田、田村、一色、中村、安藤コーチ)

 ◆第48回全日本大学駅伝対校選手権(6日、名古屋市熱田神宮西門前―三重・伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前=8区間106・8キロ)

 最終8区で逆転した青学大が5時間15分15秒で大会初優勝を飾った。首位の早大と49秒差の2位でタスキを受けたアンカーの一色恭志(4年)が7キロでトップに浮上し、逃げ切った。

 青学大は、閉会式後にゴール近くの食堂で祝勝会を開いた。食卓には今大会の作戦名にちなんで、山盛りのエビフライが並んだ。3区で区間5位の吉永は「監督が『カラッと揚がっていない選手もいた』と言いましたが、それは僕のことです」と苦笑いで反省しつつ、おいしそうに頬張っていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ