【柔道】田知本遥、中村美里が無期限休養、強化指定を外さずに今後を待つ

2016年11月14日6時0分  スポーツ報知
  • 田知本遥
  • 中村美里

 柔道女子日本代表の増地克之監督(46)は13日、リオ五輪女子70キロ級金メダルの田知本遥(26)=ALSOK=と同52キロ級銅メダルの中村美里(27)=三井住友海上=の2選手が無期限の休養を取っていることを明かした。2人はこの日発表されたグランドスラム東京(12月2~4日、東京体育館)の代表メンバーから外れた。

 2人はリオ五輪終了直後から今後の活動について「ゆっくり考えたい」と進退を保留していたが、増地監督は「所属先を通して期限を設けずに休養したい旨を受けた」と説明。強化指定は外さずに今後の判断を待つとした。

 57キロ級銅メダルの松本薫(29)=ベネシード=は既に1年間の休養を表明。男子では90キロ級金メダルのベイカー茉秋(22)=東海大=が右肩、66キロ級銅メダルの海老沼匡(26)=パーク24=が左肩の故障で大会を欠場することも発表された。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)