【マラソン】公務員ランナー川内、右ふくらはぎ痛も強行出場「全力を尽くすのが招待選手の責任」

2016年12月2日16時1分  スポーツ報知
  • 川内優輝

 17年ロンドン世界陸上選考を兼ねた福岡国際マラソン(4日)の招待選手が2日、福岡市内で会見。右ふくらはぎ痛の影響で出場が微妙となっていた公務員ランナー川内優輝(29)=埼玉県庁=は「一度招待を引き受けた以上は、たとえどんな調子でも全力を尽くすのが招待選手の責任」と強行出場を表明した。

 世陸選考レースに複数回出場した場合は、原則最初に出たレースの結果で判断される。ロンドン世陸の選考会は来年2月の東京、3月のびわ湖毎日の2大会を残すが、川内は今大会で日本人3位以内に入らなければ、代表入りは事実上閉ざされることになる。

 今大会を欠場し、東京またはびわ湖毎日へ出場レースを変えることも可能だったが「駆け引きをして選ばれるより、自分の信念を貫き通した方が良い」と川内。11月末には50キロ走などで必死に調整してきた成果を、福岡の42・195キロに込めるしかない。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ