【マラソン】川内、日本人トップの3位!来年ロンドン世界陸上出場へ前進

2016年12月4日14時20分  スポーツ報知

 ◆福岡国際マラソン(4日・平和台陸上競技場発着)

 17年ロンドン世界陸上代表選考を兼ねた福岡国際マラソン(福岡市平和台陸上競技場発着=42・195キロ)が4日行われ、公務員ランナー川内優輝(29)=埼玉県庁=が2時間9分11秒で日本人トップの3位に入り、自身3度目の世界陸上切符を濃厚とした。25キロ付近では先頭を快走するなど、海外勢を相手に一歩も引かなかった。「戦えなければ代表に選ばれる意味がない」というポリシーを体現し、世界への挑戦権を大きく引き寄せた。優勝はイエマネ・ツェガエ(31)=エチオピア=で2時間8分48秒。2位はパトリック・マカウ(31)=ケニア=で2時間8分57秒。

 先月12日の練習中に右ふくらはぎを負傷。20日の上尾シティハーフでは、自己ベストから30分以上遅いタイムで走るのがやっとだった。家族や関係者は、福岡を回避し、来年2月の東京、同3月のびわ湖毎日へ選考レースを変えるように口をそろえてアドバイスした。それでも川内の意志は固かった。「一度招待を引き受けた以上は、たとえどんな調子でも全力を尽くすのが招待選手の責任。駆け引きをして代表に選ばれるより、自分の信念を貫き通した方が良い」と強行参戦を決めた。

 週3回の温泉通い、マッサージ、はり治療などで患部の痛みは消えた。調整不足だけが不安だったが、今夏に100キロ走などを重ねて鍛えたスタミナが味方してくれた。自身最後の代表挑戦と位置づけるロンドン世界陸上へ、扉が大きく開けた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ