【箱根駅伝】法大、4年ぶりのシード権を!6区佐藤の4人抜きに坪田監督「出来過ぎ」

2017年1月4日6時0分  スポーツ報知
  • 両手を広げゴールする法大・東福

 ◆報知新聞社後援 第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109・6キロ)

 “オレンジ・エクスプレス”が4年ぶりのシード権を奪い取った。12位でスタートした法大の6区・佐藤は下りが始まる3・7キロ地点から加速した。「前を気にせず自分の走りだけ考えた。一気に出るのではなく徐々に差をつめた」。高低差840メートルを駆け降り4人を抜き去った。区間3位の58分52秒は事前の想定タイムより2分以上速かった。

 「あれは出来過ぎ。計算外」。レース後に歓喜の悲鳴を上げた坪田智夫駅伝監督(39)から6区の指名を受けたのは昨年11月。大役を与えられた1年生は前回大会の青学大の6区・小野田の走りを映像で分析。猫背にならず体軸をつくることで安定したピッチを刻める走りを盗み大一番に備えた。「僕は甘いものを食べないと力が出ない」と前日に寮を出る直前、2週間我慢していた好物のプリンを平らげて勝負に臨み殊勲の走りにつなげた。

 前回はチーム史上最低の19位。故障者続出が屈辱的な結果の原因だった。汚名返上に誰よりも本気になったのが学生トレーナーの鴇田(ときた)昌也(4年)だ。在籍するスポーツ健康学部で学んだ知識をフル動員。「選手は減量思考が刷り込まれていた」。長距離選手は痩せているべきという“信仰”から、小食で練習する部員が多いことを問題視。「持久力養成には炭水化物が必要。ご飯だと量を調整しやすい」。米食でエネルギーをためて走ると負傷者は激減。チーム内の競争が激化し選手層が厚くなった。

 箱根下りでつくった流れは手放さなかった。10区の東福は2つ順位を落としたが最後は、チームカラーのオレンジ色のタスキを8位で運んだ。「悔しさを忘れなかったことが良かった。でもここが最終目標ではない。チームをつくり直して確実にシード権を狙い続けたい」と坪田駅伝監督。苦しんでつかんだ権利はもう手放さない。(網野 大一郎)

箱根駅伝
  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ