【箱根駅伝】青学大、今だから明かせる“裏”10大ニュース

2017年1月4日5時40分  スポーツ報知

 ◆報知新聞社後援 第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109・6キロ)

 青学大の強さには理由がある。今だから明かせる今季“裏10大事件”を紹介する。

 〈1〉原監督、陸連幹部と大ゲンカ

 前回大会後、ひとりの選手が知人女性とトラブル。6月、日本選手権の会場で日本陸連幹部にその選手を「犯罪者」呼ばわりされると原監督は激高した。「起訴もされていない選手を犯罪者と呼んでいいのか? やじ馬のオッサンとは違う! 日本陸連の幹部の発言として無責任だ!」と猛抗議。「選手とチームを守るためなら相手が誰でもケンカする」肝っ玉が据わった指揮官がチームを率いる。

 〈2〉下田、ほろ酔い泣き笑い

 10月、出雲駅伝で完勝した夜の祝勝会。ビール1杯で“出来上がり”の下田は3区で東海大の関颯人に敗れたことに悔しさ爆発。「下田裕太に未来はあるのでしょうか!」と絶叫した。「ある、ある。大丈夫だ」と仲間はすぐに合いの手。抜群のチームワークを披露。

 〈3〉新入生、カルチャーショック

 2月、宮崎合宿に入学前の新入生が体験参加。小雨が降る中の練習直前、原監督が確認事項を伝える際に新入生はそろって脱帽。「高校時代は監督の話を聞く時、帽子を脱いだかもしれないが、青学大は違う。何のために帽子をかぶっている? 雨にぬれないためだろう。なら、脱がない方がいいはず。今までの常識を疑ってほしい」

 〈4〉一色、雪かき

 1月下旬、一色は教室の机に左太ももをぶつけて全治3日の軽傷。丈夫なエースが珍しく練習を休むと、練習場に雪。長靴を履いて雪かきに専念した。学生トップレベルの選手も一部員。チームの結束力を示した。

 〈5〉村井、“5年生”の意地見せる

 村井は留年しているため実は大学5年生。昨春、卒部することも考えたが、熟慮の末、チームに残った。その時から小野田の控えとなることは濃厚だったが、地道な練習を続けた。「男気がある」と原監督は称賛。

 〈6〉秋山、市民ランナーより遅かった?

 9月の5000メートル学内記録会。自己ベスト13分53秒の秋山が21分58秒の大ブレーキ。市民ランナーの中級者レベルだった。12月の5キロ走でも21分台の失態。だが、本番では3区で2年連続区間賞。「不思議な選手だ」と原監督。

 〈7〉安藤、主将なのに優勝パレードで脇役?

 前々回、前回ともに相模原市内で優勝パレードが開催された。主将は先頭のオープンカーに乗れる“特権”があるが、指揮官は「主将でも優勝メンバーでなければ後方に回ってもらう」と宣告。「それだけは避けたかった」。10区4位だった安藤は安ど。

 〈8〉鈴木、神ってるパフォーマンス

 出雲駅伝の前日、1区に抜てきされた鈴木は「神ってる走りをします」と宣言。従来の体育会では「1年坊が調子に乗るな!」と先輩に怒られるケースだが、4年生の小関一輝主務は「面白い!」と褒めた。雰囲気は常に明るい。

 〈9〉田村、キレキレのツッコミ

 その鈴木は出雲駅伝で区間5位。2区の田村は「よく頑張った」と褒めたたえた上で「でも、神ってはいなかった。普通の好走だよね」。走り同様にツッコミは切れ味抜群だった。

 〈10〉吉永、追試合格

 11月の世田谷ハーフマラソンはメンバー選考会。1週前の全日本Vメンバーは免除されたが、3区で苦戦した吉永は「追試」を命じられた。チーム2位と踏ん張り、登録メンバー入り。厳しい競争が青学大のレベルを上げる。

箱根駅伝
  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ