青学大、新主将に「箱根経験ゼロ」吉永竜聖内定

2017年1月7日6時0分  スポーツ報知
  • 青学大・吉永竜聖

 箱根駅伝(2、3日)で完全優勝し、史上初の大会3連覇と年度3冠を同時達成した青学大の新主将として、今大会は当日変更で8区から補欠に回った吉永竜聖(3年)が内定したことが6日、分かった。

 箱根出場経験はないが、優れたリーダーシップが評価され、3年生の学年ミーティングで決議された。報告を受けた原晋監督(49)は「主将とは自分が成長するためにやるものではなく、チームのためにやるもの。その覚悟を持ってほしい」と回答。今後、全体ミーティングで正式決定する。また、新寮長に小田俊平(3年)、新主務に伊藤雅一(3年)が内定。7日には東京・渋谷センター街で大々的に優勝パレードが行われる。その一方で、箱根4連覇に向けた準備を着々と進めている。

箱根駅伝
  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)