【箱根への道】青学大マラソン合宿に異色のランナー参加…松蔭大OB28歳・梶原有高

2017年1月18日15時10分  スポーツ報知
  • 関東学連選抜として2011年の箱根駅伝で7区を走った松蔭大の梶原有高

 青学大が10代マラソン日本最高記録保持者の下田裕太(3年)ら4選手が13~15日に千葉・富津市で今季のマラソン挑戦を見据えた合宿を敢行した。

 松蔭大時代に関東学連選抜(現関東学生連合)として4年連続で箱根駅伝に出場した梶原有高(厚木市陸協)は昨年から青学大駅伝チームとともに練習を積んでいる。

 2月の別大毎日、3月のびわ湖毎日と連戦に挑む。昨年12月の福岡国際にも参戦し、2時間14分27秒の自己ベストをマークした28歳は「別大で12分、びわ湖で10分を狙います」。15年に実業団のプレス工業を退社。異色のランナーを指導する原監督は「梶原君のスポンサーを絶賛募集中です」とアピールした。

箱根駅伝
  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)