高校3冠の富士学苑・舟久保、シニア海外デビューV!柔道欧州OP全4戦一本勝ち

2017年2月6日8時1分  スポーツ報知
  • 舟久保遥香

 柔道女子57キロ級で今季個人高校3冠を達成した富士学苑の舟久保遥香(3年)=が4日にブルガリアのソフィアで行われた欧州オープンで初優勝した。シニア海外デビューを最高の形で飾った。また、県勢では女子63キロ級に出場した佐藤史織(山梨学院大2年)が優勝した。

 舟久保は全4試合をオール一本勝ちという強さで頂点に立った。恩師の富士学苑柔道部・矢崎雄大監督(36)を通じ、「海外で結果を出せたのはうれしい」と喜びの声を寄せた。“舟久保固め”の異名を取る得意の寝技だけでなく、立ち技も仕掛けるなど積極的な試合運びを見せたが、「立ち技はうまくかからなかった。もっと練習しないと」と課題を挙げたという。

 ネット配信で試合を見守った矢崎監督は「あまり調子が良くないという話も聞いていたが、その中で結果を出せるのが彼女の強さ」とまな弟子の快挙を喜んだ。舟久保は2015年に世界ジュニア(UAE)を制しているが、初めてのシニアの国際試合でいきなり結果を残し、目標の「東京五輪金メダル」に向け、大きな自信を手にした。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ