青学大・下田が右膝痛で東京マラソンを欠場

2017年2月8日6時0分  スポーツ報知
  • 青学大・下田裕太

 10代マラソン日本最高記録(2時間11分34秒)保持者の青学大・下田裕太(3年)が右膝痛のため、招待選手として出場予定だったロンドン世界陸上(8月)代表選考会の東京マラソン(26日)を欠場することが7日、分かった。大会主催者に欠場届を提出した。

 今年の箱根駅伝8区で2年連続区間賞を獲得したが、都道府県対抗男子駅伝(1月22日)に出場後、右膝に違和感を訴えた。びわ湖毎日(3月5日)にも出場しない。「無理をして今後を棒に振るわけにはいかない」と原晋監督(49)は話した。青学大勢は一色恭志(4年)がびわ湖毎日、中村祐紀(3年)が東京、小田俊平(3年)が静岡(3月5日)でマラソンに挑戦する。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ