五輪競泳で銀4の山中毅氏が肺炎のため死去、78歳

2017年2月15日6時0分  スポーツ報知

 競泳男子自由形で1956年メルボルン、60年ローマ、64年東京と五輪に3大会連続で出場し、計4個の銀メダルを獲得した山中毅氏が10日午後10時16分、肺炎のため東京都練馬区の病院で死去した。78歳だった。葬儀は家族葬で執り行う。

 山中氏は五輪の男子自由形個人種目で当時、世界記録を次々と塗り替え、戦後の日本国民を勇気づけた“フジヤマのトビウオ”古橋広之進氏(故人)の再来といわれた。石川・輪島高3年でメルボルン五輪に出場し、400メートル、1500メートル自由形でマレー・ローズ(オーストラリア=故人)との激戦の末に銀メダルを獲得した。

 優勝候補とされた早大4年時のローマ五輪ではローズに敗れた400メートル自由形ほか、800メートルリレーも2位にとどまり「銀メダルをいくつ集めても金メダルにはならない」と無念の気持ちを表現した。父は漁師、母は出産間近まで潜っていた海女で「山中は生まれる前から泳いでいた」との逸話もある。山中氏を最後に、五輪の同種目で日本はメダルを獲得していない。

 引退後はスイミングスクールを経営するなど水泳の普及に尽力し、83年に国際水泳殿堂入り。関係者によると、糖尿病で1日おきに人工透析を受け、5年ほど前に食道がんも患い、闘病生活を送っていたという。

 ◆山中 毅(やまなか・つよし)1939年1月18日、石川・輪島市生まれ。輪島高―早大卒。3度出場の五輪では男子自由形で計4個の銀メダル。56年メルボルンは400メートル、1500メートル、60年ローマは400メートル、800メートルリレーで獲得。64年東京は400メートル6位。早大3年の59年に200メートル、400メートルで世界新。卒業後の61年に2か月間で200メートルで3度同記録更新。

訃報・おくやみ
  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ