瀬戸大也、コナミオープン公式練習「自分の感覚で調整できた」

2017年2月17日19時11分  スポーツ報知
  • コナミオープンに向け練習する瀬戸大也

 競泳のコナミオープンは18日から2日間、東京・辰巳国際水泳場で行われる。17日は会場で公式練習が行われ、リオ五輪男子400メートル個人メドレー銅メダルの瀬戸大也(JSS毛呂山)は「(直前まで行われていた)合宿の疲れもあるけど、自分の感覚で調整できた」と納得の表情を浮かべた。今大会は100、200メートルのバタフライ、200、400メートルの個人メドレーに出場。「4月の日本選手権に向けてコンディションを上げていきたい」と意気込んだ。

 リオ五輪女子100メートルバタフライ6位で、6個の日本記録を持つスーパー女子高生・池江璃花子(ルネサンス亀戸)は「今の自分の状態をしっかりチェックして、4月の世界選手権までに改善できるところも探していきたい」と話した。今大会は50、100メートルの自由形、50、100メートルのバタフライに出場する。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)