【青梅マラソン】エゼキエル、アフリカ勢初V!

2017年2月20日6時5分  スポーツ報知
  • 男子30キロの部で優勝のエゼキエル

  ◆報知新聞社主催 第51回青梅マラソン ▽30キロ(19日、東京・青梅市、日本陸連公認コース)

 メイン種目の男子30キロで、優勝を宣言していた「3代目・山の神」神野大地(23)=コニカミノルタ=は1時間31分33秒で日本人トップの3位にとどまり、苦闘を糧に2020年東京五輪マラソンでメダル獲得を目指すと誓った。優勝は1時間30分49秒で走破したチェボティビン・エゼキエル(24)=東邦リファイン=。00年シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子さん(44)が2年連続でスペシャルスターターを務めた。(晴れ、気温5・5度、湿度35%、北北東の風2・3メートル=30キロスタート時)

 ケニア人のチェボティビン・エゼキエルが、1時間30分49秒でアフリカ勢としては青梅マラソン史上初の優勝を達成した。神野、マイケルと3人で先頭争いも残り4キロでスパートして逃げ切り。「我慢して最後だけ、と頭を使いました。来年、フルマラソンに出たいので優勝したいと思っていた」。高校時代は福岡第一に留学し、優勝会見は日本語で対応。今大会から男女30キロの部優勝者に賞金50万円が贈られ「10人兄弟なのでケニアに仕送りします」と白い歯を見せた。

 所属先の東邦リファイン(岩手・一関市)でのラストランとなり、同社の三島強社長(70)は「世界で戦える能力を持つ彼のために、送り出すことにしました」と“恩返しV”に目を潤ませた。3月15日にサンべルクスに移籍予定で「今年、世界陸上に出て、将来は20年東京五輪に出たい」と青梅路発の“アフリカンドリーム”に挑む。(榎本 友一)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)