【青梅マラソン】23歳・篠塚麻衣、女子10キロ制す…母校中大に初Vでゲキ

2017年2月20日6時0分  スポーツ報知
  • 女子10キロ40歳未満の部で優勝した篠塚麻衣

  ◆報知新聞社主催 第51回青梅マラソン(19日、東京・青梅市、日本陸連公認コース)

 女子10キロは篠塚麻衣(23)=ユニバーサルエンターテインメント=が制した。

 初出場した篠塚麻衣が、女子10キロ40歳未満の部で初優勝した。3キロ過ぎに女子のトップに立つと、紅一点で高校生男子と競り合ってゴール。「先頭に立った時に逃げ切ることしか考えなかった。沿道の応援が途切れることなくて心地良かった」と23歳は愛らしい笑顔を浮かべた。

 実業団入り後はアキレス腱(けん)痛や疲労骨折の連続。中大3年以来の10キロレースで「勝てて自信になった。今年は5000メートルで自己記録を出して、クイーンズ駅伝で走りたい」とうなずいた。母校は今年1月の箱根駅伝で連続出場が途切れた。「在学中は応援に行ったりしていたので寂しかった。ここは大学から近いし、私が頑張ろうと思いました」と振り返った。(榎本 友一)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)