長与千種が“人質”工藤めぐみを救出も、十字架爆破を脱出できずTARUに敗北

2017年2月26日18時40分  スポーツ報知
  • 十字架大脱出デスマッチで爆破された長与千種

 元クラッシュギャルズの長与千種(52)が26日、東京・八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で開催された「新生ZERO1・超花火 ドリームシリーズ 破壊の陣」に出場し、前代未聞のデスマッチに挑んだ。

 試合タイトルは「日曜スペシャル 長与千種危機一髪!死の十字架爆破磔(はりつけ)大脱出デスマッチ!」。有刺鉄線バットを使用した電流爆破マッチで、長与率いるマーベラス(彩羽匠、ナイラ・ローズ)とTARU(52)率いるブードゥー・マーダーズ(ハートリー・ジャクソン、菅原拓也)の女対男の6人タッグマッチ(時間無制限1本勝負)。それだけではなく、2階席に設置された十字架にそれぞれの人質をはりつけにし、救出に失敗すると、十字架が爆破してしまうという仕掛けが。

 マーベラスの人質は、“邪道姫”こと工藤めぐみ(47)が指名され、十字架にはりつけられた。長与は悪の男たちをキックで翻弄すると、十字架の鍵を奪取し、2階席に上がって工藤の救出に成功。

 しかし、この間に自軍の人質を救出したTARUが逆襲に転じた。長与を爆破十字架にはりつけたのだ。大将を失ったマーベラスは、彩羽が電流爆バットにつかまり敗北(16分41秒、体固め)。TARUは「バーカ!」と叫んで十字架爆破のスイッチを押した。

 火花とともに十字架から発火し、長与は大脱出どころか、初の十字架爆破を受けるはめに。場内の悲鳴とともに、長与は背中に爆破の衝撃を受け、ぐったり。

 ファンからの声援を受けて、息を吹き返した長与は、リングに戻り「あー、楽しかったわ」と強がってみせた。「勝つまで、この長与は終わらない」とTARUへの復讐を誓った。“邪道”大仁田厚(59)と保持している爆破王タッグ選手権で、ブードゥー・マーダーズを迎え撃つプランも浮上している。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)