井上、日本人最高の8位!それでも自戒「うれしさ半分先頭との差大きい」

2017年2月27日6時0分  スポーツ報知
  • 日本人最高の8位でゴールした井上

 ◆報知新聞社後援 東京マラソン(26日、東京都庁~東京駅前行幸通り=42・195キロ)

 17年ロンドン世界陸上選考を兼ねて行われた男子は、一般参加の井上大仁(24)=MHPS=が2時間8分22秒の自己記録で日本人トップの8位。自身初の世陸代表入りへ大きく前進したが、起伏が少ない新コースで期待された日本記録(2時間6分16秒)更新には約2分及ばなかった。12年ロンドン五輪銅メダルのウィルソン・キプサング(34)=ケニア=が、国内最高となる2時間3分58秒で優勝した。(晴れ、気温11・5度、湿度38%=スタート時)

 力は出し切った。井上は1キロ3分前後のペースを守り、残り4キロで設楽をかわした。自己記録を約4分縮める2時間8分22秒で世陸有力。それでも「先頭との差は大きい。うれしさ半分、これからやるべきことがある。キプサングは3分台で、そこが世界との差」と自戒した。新コースで期待された日本記録にも2分届かず。所属の黒木純監督(45)も「入社した時から五輪でメダルと言い聞かせている」逸材だから、日本人1位を手放しでは喜べない。

 天性のバネが生み出すスピードと、負けん気の強さが魅力。「練習でも、後輩に絶対前を走らせない。抑えるのが大変」と黒木監督。山梨学院大では箱根駅伝4年連続出場。主将の4年時は3区3位でチームを総合9位に導くなど着実に培った走力が花開いた。テレビ観戦した大学恩師の上田誠仁監督(58)は「2日前に電話して『(世陸の)切符を取ってこい』と話した。卒業生の活躍は励みになる」と感謝した。

 13年に東京五輪開催が決まり、マラソンで世界に挑むと決めた。同世代には今大会に出場した設楽や服部ら、競争相手も多い。日本陸連の河野匡・長距離マラソンディレクター(56)も「彼ら(23~25歳)の世代が中心で引っ張ってくれれば、五輪も楽しみになる」と背中を押した。井上は「肌で感じた差を、いろいろ経験して詰めていきたい。まず7分台、その先は日本記録を更新したい」。世界を追うスタートラインに立ったばかりだ。(細野 友司)

 ◆井上 大仁(いのうえ・ひろと)1993年1月6日、長崎・諫早市生まれ。24歳。中学時代に競技を始め、鎮西学院高(長崎)を経て2011年山梨学院大へ進学。14年世界ハーフ(デンマーク)36位。15年から現所属。16年びわ湖毎日で初マラソンに挑戦し、2時間12分56秒で全体9位。165センチ、51キロ。家族は両親と姉、弟。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ