瀬古氏、井上世陸へ8分台を高評価

2017年2月27日6時0分  スポーツ報知

 ◆報知新聞社後援 東京マラソン(26日、東京都庁~東京駅前行幸通り=42・195キロ)

 17年ロンドン世界陸上選考を兼ねて行われた男子は、一般参加の井上大仁(24)=MHPS=が2時間8分22秒の自己記録で日本人トップの8位。自身初の世陸代表入りへ大きく前進したが、起伏が少ない新コースで期待された日本記録(2時間6分16秒)更新には約2分及ばなかった。12年ロンドン五輪銅メダルのウィルソン・キプサング(34)=ケニア=が、国内最高となる2時間3分58秒で優勝した。(晴れ、気温11・5度、湿度38%=スタート時)

 日本陸連の瀬古利彦・長距離マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(60)がレース後に会見し、井上について「(最終選考会の)びわ湖毎日(3月5日)が終わってみないと分からないが、8分台で走ってひとつの高い評価を与えられる」と述べた。選考レースはこれで4大会のうち3大会が終了。現時点では井上に加え、福岡国際(昨年12月)で日本人1位の公務員ランナー・川内優輝(29)=埼玉県庁=が有力。今大会日本人2位の山本もびわ湖の結果次第で可能性がある。最大3枠の代表は3月中旬の理事会を経て正式に決まる。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)