設楽「ヤバかった」終盤失速で日本人3位の11位

2017年2月27日6時0分  スポーツ報知
  • 38キロ付近、井上(左)と並走する設楽(右)(代表撮影)

 ◆報知新聞社後援 東京マラソン(26日、東京都庁~東京駅前行幸通り=42・195キロ)

 17年ロンドン世界陸上選考を兼ねて行われた男子は、一般参加の井上大仁(24)=MHPS=が2時間8分22秒の自己記録で日本人トップの8位。自身初の世陸代表入りへ大きく前進したが、起伏が少ない新コースで期待された日本記録(2時間6分16秒)更新には約2分及ばなかった。(晴れ、気温11・5度、湿度38%=スタート時)

 20キロまで世界記録を、25キロまで日本記録を、どちらも上回るハイペースで飛ばした設楽悠太は終盤に失速。日本人3位に終わった。「35キロ以降、ヤバかった。頭がクラクラした。足は置いているだけで全然、地面を蹴れなかった。世界との差を感じた」と苦笑いで初マラソンを振り返った。

 とはいえ、2時間9分46秒の結果に周囲の評価は高い。日本記録保持者(2時間6分16秒)のカネボウ・高岡寿成監督(46)は「単独で走る時間が長かった。レース展開次第では日本記録を狙える」と太鼓判を押した。瀬古プロジェクトリーダーは「能力が高いと思わせる初マラソンだった」と今後に期待した。

 16年リオ五輪1万メートル代表のスピードランナーは、ロンドン世界陸上でのマラソン出場が厳しくなり「もう一度トラックで世界を経験したい。1年で1分ずつ縮め、3年後の東京五輪はマラソンで勝負する」と青写真を描いた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ