内村、リンガーハットと5年4億大型契約

2017年3月7日4時0分  スポーツ報知
  • リンガーハットとの契約を発表し、野菜たっぷりちゃんぽんを試食する内村(カメラ・森田 俊弥)

 体操の16年リオ五輪個人&団体2冠の内村航平(28)が今月から「リンガーハット」と結んだ所属契約が、約5年間で総額4億円(推定)の大型契約であることが6日、関係者の話で分かった。

 ともに長崎にルーツを持つ縁が決め手で、同社が支援する初のスポーツ選手となった。選手として集大成となる20年東京五輪にとどまらず、21年12月までの異例の長期契約。安定したメインスポンサー決定は、プロ内村にとって大きな後押しとなりそうだ。

 昨年12月に体操界初のプロ選手となった内村が、心強い支えを得た。所属先が、長崎ちゃんぽん専門店などを全国展開する「リンガーハット」に決定。契約金は非公表とされたが、関係者によれば、年間スポンサー料は8000万円。合計で4億円(ともに推定)を手にする破格の契約だという。6日に都内で会見した内村は「プロとしての第一歩になる。僕は体操の伝道師で、リンガーハットは食の伝道師。同じ長崎から、全国、そして世界中に発信していけると思う」と意気込んだ。

 破格なのはお金だけではない。契約期間も、20年東京五輪が終わって1年以上が経つ21年12月までという異例の長さ。内村は31歳で迎える東京五輪が集大成で、21年には現役を退いている可能性もある。それでもリンガーハット幹部は「第一線を退いても、末永くやっていきたい。毎月全国で食育教室も展開しているので、力を貸してもらえたら」と長期契約の意図を明かした。内村も自身の選手活動だけでなく、体操の普及と発展を目指してプロ化に踏み切った経緯がある。競技以外にも活躍の場を生む同社との契約は、まさに理想的だ。

 内村は全日本個人総合選手権(4月7~9日、東京体育館)が今季初戦。同戦から胸に「リンガーハット」のロゴが入った赤いユニホームで出場し、試合や練習の合間を縫って同社が開く体操教室にも可能な限り参加する。来年からは、テレビCMの出演や“内村プロデュース”のメニュー開発など、徐々に活動の幅を広げる計画という。

 今季は、個人7連覇がかかる10月の世界選手権(カナダ・モントリオール)が一番の大舞台。「これからプロとして注目される1年になる。これまでと変わらない姿勢でいい演技を見せたい」。プロ体操選手の先駆者が、強力体制を整えた。

 体操界の世界的スターでも、スポンサー選びは簡単ではなかった。内村は日本オリンピック委員会(JOC)の「シンボルアスリート」になっている。JOCが肖像権を管轄するかわりに、JOCスポンサーのCMに優先的に出演し、協力金を受け取ることができる制度。その反面「シンボルアスリート」を継続したままでは、スポンサーの競合社と個人契約を結べない縛りがある。野球やサッカーと違い、試合数の少ない体操は広告効果も未知数で、所属先候補はわずかだった。その中で、リンガーハットの米浜和英会長が「同じ長崎出身で、何らかの形で支援したかった」とオファー。内村も「縁があると思うし、そこが決定打というか僕の心に響いた」と話した。

 ◆株式会社リンガーハット 長崎市に本店を持ち、長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」、とんかつの専門店「濱かつ」などを国内外に展開する。創業は1962年7月22日。従業員数は正社員496人、パート・アルバイト4607人、売上高は411億2900万円(ともに16年2月期)。経営陣は米浜和英・会長兼CEO、秋本英樹社長。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ