瀬古リーダー、大喝から1週間「大あっぱれ」!尚子さんもびっくり「伸びしろ感じる」

2017年3月13日6時0分  スポーツ報知

 ◆ロンドン世界陸上女子代表選考兼 名古屋ウィメンズマラソン(12日、ナゴヤドーム発着=42・195キロ)

 低迷続きの女子マラソン界にシンデレラガールが誕生した。一般参加の安藤友香(22)=スズキ浜松AC=が日本歴代4位、初マラソンでは日本最高の2時間21分36秒で日本人トップの2位に入り、17年ロンドン世界陸上代表に内定した。優勝した16年リオ五輪銀メダリストのE・キルワ(バーレーン)とも19秒差と互角に渡り合い、世陸と20年東京五輪でのメダル獲得へ大きな弾みをつけた。(晴れ、気温10度、湿度54%、北北東の風0・3メートル=スタート時)

 安藤の好記録を日本陸連の瀬古利彦・長距離マラソン強化プロジェクトリーダー(60)は「大ハッピーでございます。サンデーモーニングの張本さんに言わせると“大あっぱれ”。安ど(安藤)の表情だよね」。凡走に終わり“大喝”を入れた男子のびわ湖毎日(5日)から一転、ダジャレまで交えて褒めちぎった。

 駅伝に参加せず、マラソン中心に強化するスズキ浜松ACから記録が出たのも大きい。「駅伝チームにどういう話をするか、良い材料になった。男子もそうだけど、こういう選手が出てくると好影響」と続けた。

 元世界記録保持者の高橋尚子さんも「絶対的な安定感のあった千葉(真子)さんを初マラソンで超えて、さらに伸びしろを感じる」と目を丸くした。野口みずきさんの日本記録は05年に樹立されたもの。「素質のある若手が力をつければ上にいく選手が出てくるかもしれない」と久々の記録更新にも期待を込めた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)