頚椎負傷の本間朋晃「これが三途の川を渡るってことなのか」連載日記更新し赤裸々告白

2017年3月19日21時0分  スポーツ報知
  • 本間朋晃

 新日本プロレスは19日、沖縄大会で中心性頸髄(けいずい)損傷の重傷を負い、長期離脱をしている本間朋晃(40)のスマホサイトでの連載日記「こけしのはなし」が更新され、公式ホームページで特別に一般公開した。

 「お詫び」と題し更新された日記は、「みなさんこんにちは。こけしです。まずはじめに、沖縄大会で怪我をして、ご心配ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。沖縄での試合で邪道選手のDDTをくらった瞬間、今までに味わったことのないような電流が首から下に走りました。その後、首から下が硬直しピクリとも動きませんでした。その後、心配してみんな駆けつけてくれて声をかけてくれましたが、だんだん声が聞こえなくなりました。喋ろうにも声が全く出ませんでした。だんだん目も見えなくなってきました。あ~これが三途の川を渡るってことなのかなと思いました。でもその時に、僕を呼ぶ声が聞こえました。それでなんとか開眼して一命をとりとめたみたいです。今現状はだいぶ手と足が動くようになりましたが、まだ首から下が麻痺状態です。ですのでこの日記は、会社の人に打ってもらってます。すみません。体はそんな感じですが日に日に良くなってます。リハビリ頑張って必ず新日本プロレスのリングに戻ります。ただただ今は試合がしたくて試合がしたくて燃える気持ちがおさまりません。プロレスは壊し合いじゃないんです。お互い鍛えた体同士での中で起きたたまたまのアクシデントなんです」と重傷を負った時の事などを赤裸々につづっている。

 さらに、ケガをおった技を仕掛けた邪道(48)へ「邪道選手へ この日記、見てるか見てないのかわかりませんが、しかも言っていいのか悪いのかわかりませんが、言います。俺は絶対復帰します!欠場前より筋肉隆々になって、真っ黒くなって、オイルテカテカで邪道選手の前に立ちます!待ってて下さい。俺は絶対負けません!復帰したらリング上で絶対言うんだー こけし is Happy!幸せになろうぜ!!って」とユーモアを交えて熱い思いを届けた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ