設楽啓太、コニカミノルタ退社…会社は慰留も本人の意向尊重

2017年3月29日16時51分  スポーツ報知
  • 設楽啓太

 コニカミノルタ陸上部の設楽啓太(25)が3月末で退部、退社することが29日、同社から発表された。

 東洋大で箱根駅伝優勝などに貢献した設楽は2014年に入社。1年目は全日本実業団(ニューイヤー)駅伝でエース区間を任されるなど活躍したが、2年目以降は低迷していた。「本人から環境を変えて心機一転、頑張るために退部したいとの意向が示され、当部は慰留に努めたが、最終的には話し合いの結果、本人に意向を尊重する結論に至った」と同社は説明。4月以降の活動拠点は未定。

 同社広報担当によると、他の実業団チーム移籍のために必要な「退部証明書」が発行されるという。双子の弟で、リオ五輪1万メートル代表の悠太はホンダに所属している。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)