「新・山の神」柏原が引退!故障に苦しみ復帰のめどたたず

2017年4月4日6時0分  スポーツ報知
  • 東洋大時代の柏原竜二(右、左は早大・猪俣英希)

 東洋大時代に箱根駅伝5区で4年連続区間賞を獲得し「新・山の神」と呼ばれた柏原竜二(27)が現役引退したことが3日、所属の富士通から発表された。柏原はチームの公式ブログ上で「昨シーズンに度重なるけが、故障をしてしまい、復帰のめどがたたないことから、競技の第一線を退くことにしました」とコメントを発表した。

 大学で活躍し、長距離の次世代エースと期待された柏原も、社会人では相次ぐけがに泣いた。5000メートル、1万メートルはともに大学時代に出した自己ベストを更新できず。15年びわ湖毎日マラソンでは16年リオ五輪代表入りを狙いながら、2時間22分15秒で52位に沈んだ。昨季は腰痛(仙腸関節炎)に苦しみ、今年1月には古傷の右アキレス腱(けん)痛が再発。「治療やリハビリに専念してきたが、回復する見込みがない」と、20年東京五輪を前にシューズを脱ぐ理由を明かした。

 今後は陸上競技部をはじめとした富士通スポーツチームのサポート、社会貢献活動などの社業に専念する。

 青学大・原晋監督(青学大が33年ぶりに出場した09年大会で柏原が鮮烈デビューを飾り、東洋大が初優勝)「1年生の時の印象は強烈。箱根路で名を残したプライドを胸に『カリスマサラリーマン』を目指してほしい」

 東洋大・佐藤尚コーチ(高校時代は全国的に無名だった柏原の能力を見抜いてスカウト)「社会人になってから故障が多く、苦しかったと思う。引退という決断に関して私が言うことはありません」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)