神野大地、右アキレス腱痛で「ぎふ清流ハーフ」を欠場

2017年4月14日0時13分  スポーツ報知
  • 神野大地

 2020年東京五輪に向けた男子マラソン強化策として日本陸連が主催したニュージーランド・ネルソン合宿に参加した「3代目・山の神」神野大地(23)=コニカミノルタ=が右アキレス腱痛を発症し、出場予定だった「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」(23日、岐阜市)を欠場することが13日、大会主催者から発表された。

 神野は、今年の箱根駅伝2区で区間賞を獲得した鈴木健吾(21)=神奈川大4年=らとともに3月22日からニュージーランド合宿に参加し、50キロ走などマラソンに特化した練習を行っていたが、合宿の終盤に故障した。当初の予定通り14日に帰国。初マラソンを予定している今年12月の福岡国際マラソンに向けて、体調回復に努める。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)