福士加代子、年上の一般男性と結婚!競技生活は続行

2017年4月14日12時14分  スポーツ報知
  • 福士加代子

 リオ五輪女子マラソン代表の福士加代子(35)=ワコール=が、3月17日に結婚していたことが14日までに明らかになった。

 お相手はマラソン関係の仕事に就く年上の一般男性。ワコール関係者は「入籍は事実。一社員の結婚なので改めて発表することや、本人のコメントを出すことは差し控えたい」と説明した。

 福士の父・正幸さん(67)は、先月10日頃に本人から婚姻届を提出する旨の報告を受けたと明かした。「(13年)モスクワ(世界陸上)の頃から、お相手の顔は知っている。結婚できて良かった。さっぱりしたというか、安心した」と愛娘の新たな門出を喜んだ。

 リオ五輪で14位だった福士は、大会後から休養に努めつつ自主練習を続けてきた。今後も競技を続ける考えで、先月からチームの全体練習にも合流し、徐々に状態を上げている。9日にホノルルハーフにプライベートで出場したほかは、レース出場日程は未定。今後、コンディションを見ながら大会を決めていく。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)