サニブラウン、100メートルで自己新10秒18「もっと勢いを付けていきたい」

2017年4月16日7時0分  スポーツ報知

 陸上のブライアン・クレイ招待は14日、米カリフォルニア州アズサで行われ、15年世界ユース短距離2冠のサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=が男子100メートルで10秒18(追い風1・8メートル)をマークし、昨年5月に出した自己ベストを0秒04短縮した。「自己ベストが出て、とてもいい内容で終われた。気持ち良く始められたので、これからもっと勢いを付けていきたい」とうなずいた。

 200メートルでも20秒41(追い風0・9メートル)。日本勢では、8月のロンドン世界陸上の参加標準(20秒44)突破第1号となった。昨年6月に左太ももを痛めてリオ五輪出場を逃したが、復帰は順調そのもの。「初戦としては悪くない。これを基に、また練習を組み立てたい」と前を向いた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ