旭化成・宗猛総監督、マラソン選考新方式を歓迎「より暑さに強い選手が選ばれるのでは」

2017年4月19日7時0分  スポーツ報知

 日本陸連は18日、都内で20年東京五輪マラソン選考方針を発表した。一発勝負で男女2枠を争う「マラソングランドチャンピオン(GC)レース」を創設して選考するのが目玉。予選にあたるGCシリーズは今夏の北海道から始まる。

 新方式に、現場指導者からは歓迎の声が相次いだ。

 男子の名門・旭化成の宗猛総監督は、GCレースが五輪本大会に近い時期、コースで行われる見通しとなり「今までより暑さに強い選手が選ばれるのでは。スピード型じゃない選手にもチャンスは広がる」。女子のダイハツ・林清司監督は「早い段階で言ってもらえた。今から準備できる利点はある」と語った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)