大迫、初マラソンで3位!ボストンで瀬古以来の表彰台

2017年4月19日6時0分  スポーツ報知
  • 大迫が3位に入ったボストン・マラソン(ロイター)

 ◆陸上 ボストン・マラソン(17日・米ボストン)

 【ボストン(米国)17日=大竹勝】初マラソンの大迫傑(25)=ナイキ・オレゴンプロジェクト=が2時間10分28秒で3位に入った。日本男子の表彰台は、87年大会優勝の瀬古利彦以来30年ぶり。

 5000メートルの日本記録(13分8秒40)を持つ25歳は、リオ五輪銅メダルのゲーリン・ラップ(米国)ら強豪相手に高い適性を見せ、20年東京五輪のスター候補となった。ジョフリー・キルイ(ケニア)が2時間9分37秒で優勝。姉妹提携を結ぶ青梅マラソン(報知新聞社主催)の派遣選手の須河宏紀(25)=横浜DeNA=は10キロ過ぎで途中棄権、宇都宮亜未(21)=キヤノンAC九州=は162位だった。

 勝負の終盤、大迫には力が残っていた。練習でも走ったことのない35キロから40キロは15分7秒。下りだったとはいえ、直前の5キロから23秒ペースアップした。優勝のキルイと51秒差、リオ銅で現在のチームメートのラップを、背中が見える30秒差まで追いつめた。「40キロ過ぎからは(脚が)つりそうになった。最後まで落ち着いた走りができたと思う」と汗をぬぐった。

 気温20度超の暑さの中、ペースメーカーがいないガチンコ勝負。自己ベストが世界歴代4位(2時間3分13秒)のムタイ、同15位(2時間4分28秒)のキトワラ(ともにケニア)らアフリカ勢の細かなペース変化に惑わされず、1キロ3分前後のペースを刻んだ。30キロ過ぎの「心臓破りの丘」で離されたが粘り強く走り、34キロ過ぎに浮上した3位を最後まで守りきった。

 2時間10分台は「タイムは気にしていなかったが、いい方だと思う」と評価。国際陸連の要件を満たさない片道コースのため公認記録とはならないが、持ちタイム2時間7分以内が10人近く出場し、世界歴代4位を抑えた意義は大きい。87年大会を制した瀬古氏も「初マラソンで堂々と走った。パワーアップしている」と興奮を隠さなかった。

 早大時代に箱根駅伝で活躍。15年から米オレゴン州に拠点を移し、プロランナーとしてトラックで成果を残しつつ、今年からマラソンに向けたスタミナ強化に努めた。「週に120、130マイル(約200キロ)走るようになった。去年より20%は増えた」。今年2月の丸亀ハーフ(香川)を1時間1分13秒の日本人2位で走ると、2月22日にツイッターで「大迫、ボストンマラソン走るってよ」と、ちゃめっ気たっぷりに宣言。未知の領域との闘いとなった42・195キロで成長を示してみせた。

 8月のロンドン世界陸上は従来通りトラック種目で代表入りを狙い、6月の日本選手権では1万メートルに挑む。20年東京五輪のマラソン挑戦は明言しなかったが「(マラソンに)いいイメージはできた。ポジティブな方向で付き合っていきたい」。低迷が続く男子マラソン界に、新風が吹き込んだ。

 ◆ボストン・マラソン

 1897年創設。五輪を除くと世界最古のマラソンレースといわれる。スタートがゴールより約136メートル標高が高い下り基調のコース。2004年に国際陸連が定めた公認コースの基準を満たしていない。日本人は1951年の田中茂樹をはじめ、7人が優勝。瀬古利彦は唯一2勝している。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ