“脱・猪木”団体NEW、旗揚げシリーズ初戦で鈴川&船木のエースコンビが勝利「ダーは禁止です」

2017年4月20日21時45分  スポーツ報知
  • 旗揚げシリーズ初戦のメインを勝利で飾った船木誠勝(左)と鈴川真一

 新団体NEWの旗揚げシリーズ開幕戦が20日、東京・新宿FACEで行われ、メインイベントで鈴川真一(33)=元大相撲幕内・若麒麟=、船木誠勝(48)のエースコンビが、アレクサンダー大塚(45)、土方隆司(38)組と対戦し、15分0秒、鈴川が土方をスリーパーホールドからの体固めで破った。

 NEWは、アントニオ猪木参院議員(74)が創設したIGF(猪木ゲノム連盟)の新ブランドだが、開幕あいさつで、猪木氏の娘婿、サイモン・ケリー猪木取締役が「ダーは、猪木さんが来られるまで、このリングでは禁止とさせていただきます」とあいさつしたように“脱・猪木”でどこまでできるかを模索中。

 5日の旗揚げ戦では、メインでUFCファイターのジョシュ・バーネット(39)に敗れた鈴川は、船木のアシストを受けて勝利。「NEWを世界一の団体にします」とマイクアピール。バックステージで握手した船木は「もうちょっとですね。ゼロから始まった団体ですから、1、2、3…。最後はダーで」と猪木氏に見せられる団体に育てることを約束した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ