グレート・ニタは引退しない!?…金曜8時のプロレスコラム

2017年5月19日8時0分  スポーツ報知
  • 大仁田厚(右)のセコンドについたグレート・ニタ
  • 緑の毒霧を噴くグレート・ニタ

 今年10月31日に7年ぶり7度目の引退試合を行うことを発表した元参院議員の大仁田厚(59)。「7度目の正直はたぶんあると思います」と後楽園ホールで有終の美を飾るという。そこで浮上した疑問が、大仁田の“化身”グレート・ニタはどうなるのだろうか?

 引退→復帰を繰り返す大仁田に歩調を合わせるようにして、ニタも何度も“蘇生”している。通訳の広報担当が「グレート・ニタは引退」と発表したり、大仁田が泣きながら「ニタは死んだ」とコメントしたにもかかわらず、ニタは大阪・南港や東京・お台場の海から復活している。

 そんなニタが、超戦闘プロレスFMW「北の国からブルースを」の北海道シリーズ(16日・旭川、17日・函館、19日・札幌)に現れたのだ。大仁田は「突然原因不明のめまいを感じた。これはグレート・ニタが海の底から陸に上がりメッセージを送っているサインのようだ」とコメントし、ニタが出てきた。

 これまでは大仁田の試合とは別にニタの試合があり、当然のように2人が同時に現れることはなかったが、16日の旭川大会でメインイベントの電流爆破バット6人タッグデスマッチに出場した大仁田のセコンドとしてニタが出てきたのだ。見た感じはこれまでのニタとちょっと雰囲気が違う。そうか、大仁田の代わりはいなくても、ニタの代わり、つまり2代目として存続するのは可能なのだった。

 タイガーマスクも初代(佐山サトル)の後に2代目(故・三沢光晴さん)が出てきたし、今では5代目やタイガーマスクWまでいる。ニタはそもそも、グレート・ムタ(武藤敬司)のパロディーとして誕生した。それでいてムタとの対戦まで実現させたのはさすがだ。大仁田の引退前にニタの引退カウントダウンも始まりそうだが、何でもありの大仁田プロレスを体系的にとらえようというのは、そもそもの間違いだろう。(酒井 隆之)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)