新体操代表候補に9頭身美女ベネット・マヤ「世界選手権で金メダルが取りたい」

2017年7月13日15時10分  スポーツ報知
  • 新体操日本代表候補の公開練習後、取材に応じるベネット・マヤ

 新体操日本代表の「フェアリー ジャパン POLA」は13日、都内で8月29日開幕の世界選手権(イタリア)に向けて練習を公開。団体種目のフープとボール&ロープの演技も披露した。

 代表の候補メンバーは10人で、世界選手権までに5人に絞られる。身長175センチの9頭身美女、ベネット・マヤ。父はオーストラリア人で、母は日本人の17歳だ。初の代表入りを目指し、「大変なこともあるけど、練習は楽しい。レギュラーメンバーに入って、世界選手権で金メダルが取りたい」と意気込んだ。

 この日は、団体選手の新メークも発表された。テーマは「誘惑」。目尻を少し跳ね上げた太いアイラインや、モスグリーンのカラーラインを目元に入れて、テーマを表現しているという。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ