新添左季、世界柔道混合団体で金「次は個人で」

2017年9月9日8時10分  スポーツ報知
  • 世界選手権・混合団体で金メダルを獲得した新添

 3日に閉幕した柔道世界選手権(ハンガリー)の混合団体で金メダルに輝いた女子70キロ級の新添左季(山梨学院大3年)が新たな目標に向け始動した。

 混合団体は東京五輪でも実施が決まった注目種目。6階級に男女各3人が出場し勝敗を争った。新添は混合団体の実施が決まり追加招集。4試合中2試合に出場、いずれも勝利し優勝に貢献した。2回戦(対ウクライナ)ではけさ固め、準々決勝(対ドイツ)では払い巻き込みで勝利。「決勝には出られなかったので金メダルは申し訳ないな、という思いもあるけど、世界選手権という大舞台を楽しむ柔道ができた」と話した。

 今回は団体戦のみ出場。「次は個人で(世界選手権に)出たい」と熱い思いを明かす。世界選手権・女子70キロ級では新井千鶴(23)=三井住友海上=が優勝するなどライバルが居並ぶ。まずは今月末に開催される全日本学生柔道体重別選手権(日本武道館)で優勝し、代表争いに弾みをつける。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ