桐生祥秀、日本人で初めて10秒の壁破る9秒98

2017年9月9日15時36分  スポーツ報知
  • 9秒98をマークし喜ぶ桐生祥秀
  • 桐生祥秀

 陸上の日本学生対校選手権は9日、福井県営陸上競技場で行われ、男子100メートル決勝で桐生祥秀(東洋大)が9秒98の日本新記録で優勝。98年アジア大会(バンコク)で伊東浩司が出した10秒00を更新し、日本人史上初めて9秒台をマークした。13年4月に日本歴代2位の10秒01を記録してから何度も挑み続けた壁を突破し、20年東京五輪での決勝進出に勢いをつけた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)