【青戸慎司の目】桐生祥秀の日本新は競った中で出した9秒台だから価値も高い

2017年9月10日9時0分  スポーツ報知
  • 9秒98の日本新記録に喜ぶ桐生(C)東洋大学スポーツ新聞編集部・小野由佳莉撮影

 男子100メートル決勝で、16年リオ五輪男子400メートルリレー銀メダルの桐生祥秀(21)=東洋大=が、日本初の9秒台となる9秒98(追い風1・8メートル)で3連覇を飾った。98年に伊東浩司(現・日本陸連強化委員長)が出した10秒00の日本記録を、19年ぶりに更新した。元100メートル日本記録保持者、中京大監督の青戸慎司さんが桐生の走りを分析した。

 ×  ×  ×

 国民栄誉賞をあげてほしいと思うくらいだ。桐生君のレース後半は、本当に良かった。多田君に先行されても力んでしまうことなく、中盤以降でストライドが伸びてピッチも上がった。これまでは(有力選手が)彼だけで走って記録を出すレースが多かったが、タイトルがかかるレースで、競った中で出した9秒台だから価値も高い。彼の持ち味が全部詰まった走りだった。

 自分の頃は、日本人が9秒台で走るなんて考えもしなかった。今振り返れば、チャレンジしてははね返され、いかに高く厳しい壁だったのかと改めて実感している。あと3年、しっかりと計画して練習を積んでいけば、20年東京五輪での決勝進出は十分狙える。タイムも9秒9台前半までは現実的に伸ばせるだろうし、他の日本勢もそのくらいの水準に達するのではないか。日本がスプリント大国になる未来が、見えてきた。(元100メートル日本記録保持者、中京大監督)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)