空手・植草歩、年間グランドチャンピオンで沙保里から祝福

2017年9月13日7時30分  スポーツ報知
  • 空手の女子組手で優勝した植草(左)と染谷

 空手の日本代表が12日、今季プレミアリーグ最終戦のドイツ・ライプチヒ大会を終え、羽田空港に帰国した。女子組手68キロ超級を制し、年間グランドチャンピオンに輝いた植草歩(25)=高栄警備保障=は「目標をクリアできた。プレッシャーも乗り越えられる自分になれた」と充実の表情だった。

 女子レスリングで五輪3連覇の吉田沙保里(34)=至学館大職=と7月に対談し、連絡先を交換。結果を報告すると「『すごいね。おめでとう!』と返事が届きました」と喜んだ。

 女子組手では日本人初のグランドチャンピオンとなったが、今季のプレミアリーグは3大会で2冠。初戦だけ3位だった。「技の完成度を高く、もっと変化をしていかないと」。試合では海外選手の植草対策にも苦戦。「間合いを取らせてもらえなかった。蹴り技を強化したい」と話した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)