白井健三、総合暫定4位 負傷・内村へ「たまには代わりをするので楽をしてください」

2017年10月4日7時0分  スポーツ報知

 ◆世界体操 第1日(2日、カナダ・モントリオール)

 開幕して男子予選が行われ、個人総合7連覇を狙った16年リオ五輪金メダルの内村航平(28)=リンガーハット=は2種目目の跳馬で左足首を負傷し、4種目目の鉄棒以降を棄権した。08年11月から続いていた個人総合公式戦での連勝も40で止まった。3班終了時点で、リオ五輪団体金の白井健三(21)=日体大=は85・697点で暫定4位。15年大会銀のラルドゥエト(キューバ)が86・699点で暫定首位。3日の最終4班の結果で予選順位が決まる。

 個人総合の次世代エースを狙う白井が、上々の滑り出しを見せた。得意の床運動で全体トップの15.766点を叩き出し、有力選手がほぼ出そろった3班終了時点で暫定4位につけた。初の個人総合表彰台を狙う今大会も、緊張とは無縁。暫定5位のリオ五輪銀のベルニャエフ(ウクライナ)を上回る好発進に「練習通り(の力)が出せた」と晴れやかな表情を浮かべた。

 4種目目の鉄棒で、途中棄権の覚悟を固めた内村からポンと肩を叩かれた。「言葉なきメッセージ。全てをあれで伝えてくれた」と白井は胸を熱くした。世界体操の個人総合で日本勢が表彰台を逃せば、01年ゲント大会以来16年ぶりの屈辱となる。「今まで頼ってきた先輩なので、たまには代わりをするので楽をしてくださいと言って大丈夫かなと思う。(決勝は)安心して上(客席)から見てほしい」とうなずいた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)