世界体操で負傷の内村航平の母・周子さん、「とくだね!」生電話…「衝撃がすごく強かった」

2017年10月4日8時36分  スポーツ報知
  • 内村航平

 カナダ・モントリオールで行われている世界体操第1日の男子予選で2種目目の跳馬で左足首を負傷した16年リオ五輪金メダルの内村航平(28)=リンガーハット=の母・周子さんが4日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)に電話出演した。

 周子さんは、モントリオールの会場で息子の演技を観戦していた。小倉智昭キャスター(70)からケガをした時の印象を聞かれ「出だしからすごく普通だったと思います」と明かした上で「跳馬の着地で衝撃がすごく強かったような気がしました」と話した。

 周子さんは、内村本人とは直接、話していないとしケガの状況はコーチから聞いてたという。ただ、国際電話の声が途切れ途切れになってしまい、周子さんのケガについての説明は聞き取ることができなかった。

 内村は、負傷で4種目目の鉄棒以降を棄権し、個人総合7連覇は断たれた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ