内村、白井の銅を評価「メダルの色を分けたのは最後の着地」とアドバイスも

2017年10月7日6時0分  スポーツ報知
  • 獲得した銅メダルを内村航平(右)の首に掛けて記念撮影をする白井健三(白井提供・共同)

 ◆世界体操 第4日(5日、カナダ・モントリオール)

 男子個人総合決勝が行われ、予選4位の白井健三(21)=日体大=が合計86・431点で銅メダルを獲得し、日本勢は同種目で03年大会から11大会連続の表彰台となった。最初の床運動では唯一の15点台となる15・733点をマークし、跳馬でも全体トップの15・000点。エース内村航平(28)=リンガーハット=が左足首負傷で予選を途中棄権した中、20年東京五輪へオールラウンダーとしての成長を示した。予選2位の肖若騰(中国)が86・933点で初優勝した。

 予選の途中棄権で個人総合7連覇が断たれた内村は、スタンドから白井を見守った。「出来次第では金メダルもあるんじゃないかと思って見ていた。(白井)健三の良かった点は全種目を通じてミスをしなかったこと。そこは評価できる」とねぎらった。

 今から10年前。基本練習の繰り返しで体操が嫌いになりかけていた当時小学生の白井に、練習拠点だった日体大の体育館で「そんなんじゃ、五輪には行けないぞ」と声を掛けた。常に成長を見守ってきた内村は「メダルの色を分けたのは最後の着地。着地の印象で流れをがらっと変えられるということを伝えたい」。今後もまな弟子に助言を惜しまない考えだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ