瀬戸大也、大会新で圧倒「日々が充実している証拠」

2017年11月15日7時30分  スポーツ報知
  • 表彰式を終えて笑顔を見せる瀬戸大也 

 ◆競泳 W杯東京大会 第1日(14日・東京辰巳国際水泳場)

 男子200メートル個人メドレーは瀬戸大也(23)=ANA=が1分51秒40の大会新記録で優勝した。

 瀬戸は大会新と自己ベストをマークし、2位以下を体2つ分離して圧巻の優勝。先週のW杯北京大会帰国後から風邪気味でコンディションはいまいちも「自分の思った以上にタイムが出た。日々が充実している証拠」とうなずいた。最終日の400メートル個人メドレーでは「世界新記録も狙いたい。チャレンジは何回でもできる」と強く意気込んだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ